家族葬についてのお話

家族葬についてのお話

家族葬に興味がある方が増えています。


家族、ごく親しい親戚や友人だけで行い、人数は10人から20人くらいになります。


参列者に決まりはないのですが、喪主が親戚の範囲や友人なら付き合いの深さで判断をして決めることになります。

一般的な葬儀では、50人から100人くらいの参列者がいるのでかなり少ないです。
通夜と葬儀、納骨と埋葬はしますが法要は、しない方もいます。

お布施も戒名も、お金をかけない形になります。友人や親せきであっても、家族からの申し出がない限り基本的には、参加はしないと思っておきましょう。

斎場や時間が書いてある場合は、直接聞いたほうが早いです。

マイナビニュースに関する良い情報をご紹介するサイトです。

このため、遺族の方も詳報を伝えるのは、狭い範囲にします。

葬儀が終わってから、家族葬にしましたと伝えるケースもあります。



もしも香典はお断りしますと、案内にあったら送らないようにしましょう。



遺族の気持ちを考えることが、一番のマナーになります。

費用については、一般の葬儀が平均で200万前後といわれます。
家族葬では、50万円以下のところも多くなります。
斎場は、一般の葬儀と同じで自宅や公民館、お寺、貸会場、葬儀社になります。
自宅や近所の公民館で行っても、近所の方はほとんどが参加されないので家族葬を受け入れてくれる葬儀社でやることが多いのが特徴です。
家族葬は、香典を受けとらないで、また香典返しもないというケースもあります。
喪主の判断で決めていいことになります。

  • 知っておきたい情報

    • 家族葬とは、近親者のみで葬儀を行う事で、一般の弔問客を辞退することが多く、その為会社関係者にも知らせる場合注意が必要です。供花、香典、弔電、焼香等を辞退することも多いです。...

      detail
  • 身に付けよう

    • 人は誰でも死ぬ運命にあります。それは自分はもちろんですが、身近な人にも必ず死は訪れます。...

      detail
  • 納得の知識

    • 近年、家族葬と呼ばれる小さな形式の葬儀が増えてきていますが、どのような葬儀なのか、ご存知でしょうか?家族葬とは、儀礼的な参列者をなくし、身内や親族などの限られた者だけで行う葬儀のことです。文字通り家族だけで行う場合もあれば、故人の友人などが参列する場合もあります。...

      detail
  • サポート情報

    • 家族葬について、ご存知でしょうか?これは、儀礼的な参列者をなくし、身内や親族など、ごく親しい者だけが行う形式の葬儀のことです。文字通り、家族だけが参列することもあれば、故人の友人や知人が参列することもあります。...

      detail